やぶちゃん

アクセスカウンタ

zoom RSS 第2回 琵琶湖新年会 〔前編〕

<<   作成日時 : 2019/02/13 12:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 一年は早いものです。

 昨年に続き、今年も大阪のK氏が幹事で新年会を催してくれた。

 去年よりも一週間ほど遅く、2月9日(土)〜10日(日)で今年は対岸の近江八幡の沖島での開催だ。

 人数も昨年より一人多い14名の参加だ。

 気温は低かったけれど雨や雪に遭わずまずまずでした。

 おいらはこのシーズン5年ほどマラソンのボランティアを行っている。

 去年は大阪マラソンでウォーキングが出来なかったし、奈良マラソンでは鍛歩会の忘年会にも参加できなかった。

 今年は、京都マラソンのボランティア説明会が9日(土)の午前中に行われたが何とか集合場所の近江八幡駅の集合時間には間に合った。

 それでは、スタート。 
 
 
画像


 節分が終わり、ひな祭りのシーズンに入ったようです。

 ここは、近江八幡にある旧伴家住宅(八幡教育会館)です。市の指定文化財です。

 商家に伝わる雛人形の数々が一堂に展示されています。梁の太さや長さは尋常のものではありません。

 りっぱなものです。それだけ、往時の繁栄ぶりが偲ばれます。

 ガイドによると八幡商人にとって「雛祭り」は、人形の飾り付けを通じて商人の妻としての振る舞いや礼儀を身に付ける教育の場であったらしい。

 さて、集合は12時半でした。おいらは12時過ぎに到着し、まずは腹ごしらえをしなければなりません。

 先に集合されていたお仲間さんから近江ちゃんぽんの店を紹介してもらい駅前の店に飛び込む。

 
画像


 
画像


 野菜が多くて暖かくてちゃんぽんは美味しいですね。

 腹ごしらえもでき、集合時間にもうまく集合することができました。今年は、幸先がよさそうです。

 
画像


 幹事のK氏から資料をいただく。また、奈良のK氏からいつも上手に漬けておられる美味しい奈良漬けをいただく。

 感謝ですね。頂き物が多いとなにか今年はいいことがあるようでいいですね。

 
画像


 今日は近江八幡の町並みをガイドさんが案内していただけるとのこと。

 ただぼんやり、町並みを見て回るよりも内情を説明していただいて見た方が数倍いいですね。

 もっとも、大半は右の耳から左の耳へ抜けていくのですが・・・。

 ガイドさんとの出会いも幹事K氏の熱意の表れだったようです。

 何事も一生懸命に勤めればいい成果が得られるということでしょうか。

 年をとると、どうしてもいい加減に過ごしてしまうんですがこの辺のところが大切なところなんでしょうね。

 
画像


 近江八幡と沖島のマップを見るとこじんまりとした町並みですね。

 陸上では、東に中山道が通り、町中には江戸時代に朝鮮通信使が通った朝鮮人街道(京街道)があります。

 
画像


 交通の要所だったのですね。先にアップした雛人形を展示していた八幡教育会館の建物はこの通り。

 
画像


 京街道に面して建てられています。往時は通信使の随行が宿泊したりしていたのでしょうね。

 如何に、往時、近江の町は裕福だったのか、近江商人の元はここ近江八幡から始まったのですね。

 立派な家並みが今も静かな佇まいを保っています。

 
画像


 ここ新町通りは、伝統的建造物群の町並みが整っており、郷土資料館や歴史民俗資料館、旧西川家住宅などが軒を連ねています。

 そとの門構えも見事ですが、中に入ると倉がいくつも有り、庭も贅を尽くしたものだとか。

 
画像


 新町通りを抜けると新町浜に出ます。八幡掘りで有名ですが、その昔は埋め立ても計画されたとか。

 残してくれてよかったですね。

 昔の物で残していいものと残さなくていいものをしっかり見極める大切さがわかるような気がします。

 個人の物でもそろそろ終活の時期に差し掛かってきたので家族に迷惑にならないように整理を始めなければなりませんね。

 
画像


 八幡掘りの白雲橋を渡り、日牟禮八幡宮の松明を見る。4月14日、15日に八幡まつりが行われ松明祭りと太鼓まつりが催されるとか。松明は10m以上もあり見もの。また折を見て訪れてみよう。

 
画像


 かわらミュージアムから八幡掘りを渡り近江兄弟社のメンターム資料館前に出る。

 
画像


 町並みをガイドさんの説明を聞きながら一巡し、丁度おやつ時に"たねや"で休憩です。

 幹事のK氏はうまく時間配分をしてくれますね。

 
画像


 おやつをいただいたあと、大杉町のバス停からバスで堀切港へ。

 堀切港からいよいよ"おきしま通船"で沖島へ渡ります。

 
画像


 10分ほどの船旅です。

 
画像


 沖島上陸です。島民は300人ほどとか。交通は三輪車。自動車はないそうです。

 
画像


 寒々した琵琶湖の西に沈む夕日を見ながら今夜のお宿、民宿「湖上荘」に向かいます。

 
画像


 今夜のお宿、「湖上荘」に到着です。

 さてさて、今宵はいかがなりますことやら!

 乞うご期待!

 前編の終わり。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第2回 琵琶湖新年会 〔前編〕 やぶちゃん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる