メガネの曇り止めマスクを作る

 だいぶ春めいてきましたがまだまだ朝晩は寒いですね。
 コロナで外出を控えていたけれど緊急事態宣言が解除されて電車に乗って外出する機会が増えた。
 近所の散策ではほとんど人と合わないのでマスクをしていなかったけれど電車に乗ったりするとやはりマスクは必要。
 ところがメガネをかけているのでマスクをするとすぐにメガネが曇ってしまう。
 以前にメガネの曇り止めに有効な方法をYouTubeか何かで見たように思った。
 原理はマスクの上部・鼻のところから呼気が上昇してメガネを曇らすとのこと。

 そこで、呼気が上昇しないようにマスクの上部にパットを入れればいいとのこと。

 さっそく作ってみた。

 あり合わせの布を縫い合わせて真ん中を縫って両サイドに綿を詰めるのだ。

 実際に作ってみて使用してみるとメガネが曇らなくて成功だ。

 簡単にできて皆さんにもお薦めだけれど暖かくなると必要なくなってくるね。
 IMG_1800PA.jpg

 材料は写真の通り。
 綿はぬいぐるみに使う綿をSeriaで買ってきた。
 あとは鉛筆と耳かき。
 まず、布はマスクの内布の余ったものを使用。
 巾4cm、長さ14cmぐらい。両サイドを0.5mmぐらいで縫ってから筒状に0.5mmぐらいで縫う。
 裏返して中央を縫う。
 そして、耳かきと鉛筆を利用して綿を入れる。
 Seriaの綿はクッション性が高くいい感じ。
 適当に3.5cmくらい詰めて縫い止めする。
 赤丸のものが鼻パットだ。

 あとはマスクにつけるだけ。
 青囲いのように縫い付けた。
 中央部分を縫い付けてから両サイドを縫い付ければ出来上がり。

 簡単なので自分で作った布マスクに付けてみるといいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント