ブロック塀の補強

 大分暖かくなって出歩きたいところですがコロナの影響で紀北地方は4月25日まで不要不急の外出を控えてくださいと。

 出歩くことが少なくなったせいか、家の中にいると、ついつい口寂しくておやつに手が出てしまいます。

 2~3kg太ったようです。コロナ太りだそうです。いやだね。間食を控えて、もとの体重にしなくては。

 家の中では、去年から始めたミシン仕事でマスクや袋物を作っていたけれどそれにも飽きてきたし・・・。

 暖かくなってきたので野菜作りを始める前に、4月、5月は例年、家の周りの補修をしているのでその準備を始めなくては。

 もともと物づくりが好きなので大工仕事、左官仕事、水道工事も見よう見まねで挑戦しています。

 ガス工事だけは免許もいるのでしないようにしています。電気工事も簡単なものは自分でやってしまいます。

 そんなわけで今回はブロック塀の倒壊防止のための補強工事をやりました。

 補強強度はどれほどなのかわかりませんが以前にあった傾斜した石垣の前に道路側にブロック塀を建てたものが倒れないように補強したものです。

 ご近所さんのブロック塀も市の職員から改善命令が出たと聞きます。

 おいらの家のブロック塀の方が8段ほどで高いのですが市からはなんの改善指示も受けていないんですがね。

 たぶん、2,3年前に片側を補強していたから良かったのかも・・・。

 今回は反対側を補強しました。

 外観はこんな感じ。IMG_2460P.jpg 
 2,3年前に補強したところ。 IMG_6932P.jpg


 その時の状況は、亀裂ができて1cmほどの隙間ができていました。 IMG_6912P.jpg

 アンカーボルトで固定して補強します。
 IMG_6916P.jpg

 念のために以前の石垣とブロック塀もアンカーボルトでしっかり固定します。
 IMG_6920P.jpg

 IMG_6926P.jpg  
 今回は反対側です。アンカーボルトで石垣とブロック塀を固定します。IMG_2409P.jpg

 セメントで固めて完了です。 IMG_2412P.jpg

 さて、強度はどんなもんなのでしょうかね。
 地震が来れば実際の評価が出来そうですがその時には手遅れになっているかもしれません。
 なんせ素人がすることですからね。
 でも、よその塀などを見てみるとひどいところもありますからね。
 治してあげたいところですが・・・。
 次回はテラスの屋根の取り換え工事です。
 去年の補強工事はこちらです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

陀布留翁世歩雲
2021年04月17日 16:44
豆ですね。とても真似が出来ません。
小生、電気工事士の資格があるので、法的にも問題なく屋内の
電気配線工事は出来ますが、我が家のは触ったことありません。
ましてや家の周りは言うもがなです。
近所にも、コツコツと直しておられる方はありますが、、、、、

ミシンから家の周りまで【困りごと請負】の看板を出して、
身体を動かすのなら、体重制御と一石二鳥になります。